読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブッシュクラフトの匠

ブッシュクラフトやキャンプ、ナイフの事などについての私の経験や知識を皆さんにお送りしようと思います。

ナイフレビュー~肥後守~

ブログをご覧の皆さん、こんにちは。前回はモーラナイフロバストを紹介しましたね。あのナイフはグリップがほんとにいい。是非買ってみてください。

 

 

 

さて、レビューでござるよ(⊙∇⊙メ) 

 

 

 

 

 

 

 

さて今回は日本のナイフ、「肥後守」です。これが肥後守です。

f:id:canpingpro:20170131181936j:image

ちなみにこの肥後守、私の初めての自分のナイフです。

 

このナイフ、ロック機能がないため、ブレードの根本についている「チキリ」と呼ばれるところを押さえながら使います。これを不便と思う方もいるかもしれませんね。

 

 

 

私が持っているこの肥後守は青紙割り込み火造り鍛造肌黒背の大です。これは普通の大の肥後守より刃が0・2ミリ分厚いんですね。そして、ブレードの刃がついていない部分に黒錆加工をしてあります。まぁ当然値段は高くなりますがね。

 

 

 

 

 

永尾駒製作所:昔なつかしいナイフ 肥後の守 青紙割り込み 大

永尾駒製作所:昔なつかしいナイフ 肥後の守 青紙割り込み 大

 

 


肝心の切れ味ですが、私の肥後守はすごく良く切れます(ドヤ)。

爪が抵抗なく切れます。ティッシュを破るくらい簡単です。

 

鋼材はなかなかいいものですから、研ぎ方によってだいぶ性能が違ってきますよ。

 

 

 

こんなに高いお金出したくないという方は、全鋼の物もありますよ。500円ほどじゃないでしょうか。

 

 

まぁそこら辺は自分でじっくり考えましょう。

 

 

 

 

話が少し変わりますが私が使っている砥石がこれです。

 

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

シャプトン 刃の黒幕 オレンジ 中砥 #1000

 
シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

シャプトン 刃の黒幕 エンジ 仕上砥 #5000

 

 

刃の黒幕シリーズ。これは最高かと思います。是非お試しあれ。

 

 

 

 

 

 

以上が肥後守のレビューでした。これは昔文具店でも売られていたようですね〜。筆箱に入れてたり男子はポケットに常に入れて遊んでいたそうですよ。まぁ今そんなことしてたら警察のお世話になりますがね〜。不自由な世の中ですね〜。

 

 

 

 

ではまた次回お会いしましょう。さようなら。